スムージーの基本

スムージーは、健康志向の人の朝の元気メニュー。

凍った果物や野菜をたっぷり使い、氷を使った冷たい飲み物です。

朝ごはんを食べるには食欲のないときにも、たっぷりフルーツや野菜がとれることから人気があります。

アップルジュース、ミルク、ヨーグルト、豆乳などをベースにするとスムージーにもバラエティを広げることができるし、ちょっと苦手な野菜も飲みやすくなります。

スムージーは3つの材料からできています。

ひとつは、液体部分。

これはスムージーのベースになる部分です。

そしてスムージーの本体にあたる果物や野菜が必要になります。

最後にスムージーのあの質感を出す為に必要なのが氷です。

氷は、フルーツや果物自体を凍らせてしまえば必要がなくなるので、製氷皿が空っぽという時でもおいしいスムージーを作ることができます。

スムージーの濃さはお好みですが、ベースになる液体と、入る固形のフルーツや野菜の比率で決まります。

少しお腹にしっかりたまるような食事代わりのスムージーを考えているならば、それだけ果物や野菜の量を増やし、ミルクやジュースは少量にしておくと、しっかり目のテクスチャーが楽しめます。

もちろん、ジュース代わりにさっと飲みたいなら、液体部分を大目にすれば、ブレンダーの中で材料のまざりも早く、軽めのスムージーができあがるというわけです。

体調や状況にあわせて、お好みのスムージーを作って、自分だけのマイレシピを増やしていくのもいいですね。

勿論忙しい方は市販のスムージーを飲むのもオススメです。

スムージー | スカルプD公式通販 | シャンプー・エイジングケアのアンファーストア | ANGFA
※こちらは数種類のスムージーがありますので、味に飽きることなくスムージーを飲み続けることが出来ると思いますよ。